マクロ、コンピュータプログラミング

コンピュータにあらかじめ決められた手順にしたがって情報を処理するためには、プログラムを組む必要があります。
コンピュータの中心であるCPUという部品が理解できるのは機械語あるいはマシン語と呼ばれるものだけですが、これはCPUには理解しやすいのですが、一般的に人間には理解しにくいものです。
(.exeというファイルは機械語で書かれています。)

そこで、人間に理解しやすいような形で書かれたものを、機械語に翻訳するという方法でプログラムを作る方法が一般的です。

コンパイラ方式



インタプリタ方式



実際のプログラム作成(プログラミング)は、あらかじめ決められた命令(コマンド)を使って書くことになります。

いろいろなプログラミング言語

歴史的には、コンピュータは電子計算機よ呼ばれていたように、計算するのが主な目的でした。
この時代につくられたのが、FORTRAN(フォートラン)などのプログラミング言語です。
FORTRANは理学、工学分野では今でも使われていますが、画像処理や文字処理などに関するコマンドが少ないなど、一般的な分野ではあまり使われていません。またCOBOL(コボル)というプログラミング言語は、事務処理などでよく使われましたが、これも今では一部では使われていますが、あまり使われなくなってきました。

その後、パーソナルコンピュータが世の中に広まると同時にBASIC(ベーシック)などの言語が使われるようになります。
BASICには画像処理のためのコマンドがいくつか用意され、点と点を線でつなぐとか、円を描くといったことが出来ました。
しかし、このころのパソコンの性能はまだ低く、写真データの処理などは出来なかったため、そのようなコマンドはBASICには用意されていませんでした。またコンピュータネットワークもそれほど発達していなかったので、ネットワーク通信に関するコマンドも初期のBASICにはあまりありませんでした。

その後。コンピュータの進歩に伴い、BASICなどにも次々と新しいコマンドが追加される一方、いろいろなプログラミング言語が開発されてきました。

比較的、なんでもできるもの

計算は得意だが、グラフィックは弱い

文字処理は得意だが、グラフィックは弱い などが開発されてきました。

また、プログラムも、初期の計算が主であったときは、「逐次実行型」あるいは「手続き型」という、「スタート」から順番にコマンドを実行していき、最後に「終了」で終わるという形式が普通でした。

途中繰り返し処理や条件分岐などで、必ずしも一直線状に処理が進むわけではありませんが、基本的には「スタート」から始まって、「終了」で終わるものです。永久に終わらないプログラムは「無限ループ」などと呼ばれて、好ましくないとされていました。

しかし、コンピュータネットにおけるサービスなどを行うプログラムは、むしろ、いつも動いていて、止まってしまっては困るものもあります。そこで最近では、「イベント駆動型」というものもあります。

これは、ボタンが押されるとか、ネットワーク経由で要求が来るとか、何かが起きるまで待機していて、何かが起きるとそれに対応した処理を行い、その後また待機状態になるというものです。
ただし、何かが起きたときに処理する内容は「逐次実行型」で処理されるのが普通なので、「イベント駆動型」のプログラムも、部分的には「逐次実行型」のプログラムを含んでいます。

そのようなわけで、まずは逐次実行型のプログラムを学ぶのがプログラミングの基本です。

次へ