Excel2013:分析ツールの利用

Excel2010の人はこちらへ

ここで実習するファイルは前回持ってきていますが、ない人はこのファイル(seiseki.xlsx)をダウンロードします。

相関係数を求めたときに、面倒だったと思う。
実は、このような作業を簡単にするために、分析ツールというものが用意されている。

分析ツールは、データ の右の方にあるデータ分析から使いますが、

ない人もいると思うので、まず出します。

分析ツールの表示

分析ツールは、アドイン というあとから追加する機能です。
まず、ファイルから、オプションを選びます。

アドインを選びます。

設定を押しますます。

分析ツールにチェックを入れて、OKを押します。

分析ツールが出てきます。

分析ツールの使い方

相関分析をしたいデータを、まず出して、データ分析 をクリック

相関を選び、OKを押します。

まず、以下のところを押します。

手前のちいさなウィンドウは無視して、データ分析したいデータを選びます
(「国語」「算数」「理科」「社会」も選んだ方がいいです)

その後、以下の所を押すと、データがセットされます。

先頭行をラベルに使用にチェックをいれて、OKを押します。

そうすると、以下のような結果が表示されます。(少し時間がかかります)

たとえば、国語と算数の相関係数が0.227738であることがわかります。

分析ツールには、ほかにもいろいろな機能がありますが、どれも高度な分析を行うので、今の段階で全部を説明するのは難しいです。
ただ、Excelには、こういう機能もあることを知っていてください。

あとで、フーリエ解析を使います。