BitLocker(ビットロッカー)について

ビットロッカーによるロック

BitLockerは HDDやSSDなどドライブ内のデータを暗号化するセキュリティ機能なのですが、これが起動状態だと以下のようなメッセージが出ることがあります。

回復キーが必要になります。 回復キーがわからないと回復が少し面倒です。
最悪、回復できません。

ちなみに、このメッセージは通常はハードウェアの交換などの後に出ることが多いですが にも起きることがあるようです。

ビットロッカーの状態

自分のPCのBitLockerの状態を見てみましょう。
コントロールパネルを開きます。
Windows11の場合は、検索を使った方が簡単でしょう。
検索を開きます。

コントロールパネル と打ち込むと画面が変わるので、表示されたコントロールパネルをクリックします。

Windows10の場合は、スタート→Windowsシステムツール→コントロールパネル です。

コントロールパネルの画面は、Windows10/11 どちらもほぼ同じなのでここからは共通で説明します。
 システムとセキュリティを開きます。

この画面に BitLockerドライブ暗号化 がなければ、そのPCにBitLocker機能はありません。

BitLockerドライブ暗号化 がある場合はそれをクリックします。
すると画面が変わります。
BitLockerは無効です。 となっている場合はBitLockerは動いていません。

あるいはBitLockerはアクティブ化を待機中です。 となっている場合はBitLockerは動いていません。

BitLockerが有効です。 となっている場合はBitLockerが働いています。

(場合によっては黄色い長方形はないかもしれません。)
自分のPCのBitLockerの状態がわかったら、右上の×を押して、コントロールパネルを閉じます。

回復キーの見つけ方と回復キーのバックアップ

BitLockerを停止したい場合はこちらをクリック

bitlockerが動いているとき、回復キーのバックアップというものがあります。
それをクリックします。

すると、三つの方法が提案されます。

ロックがかかってしまうと、先に進めなくなってしまうための、回復キーをそのコンピュータの中に保存しても見られません。
そこで
  1. Microsoftアカウントに保存する で、マイクロソフトのクラウドに保存する
  2. ファイルの保存する でUSBメモリなどに保存する
  3. 回復キーを印刷する で紙で保存する
という三つが考えられます。
どの方法でもいいですが、Microsoftアカウントに保存する はすこし面倒ので、二つ目から説明していきます。

ファイルに保存する

あらかじめ、USBメモリを挿しておきます。
ファイルに保存する を選ぶと以下のような画面が表示されます。

保存先にUSBメモリを指定して保存します(人によって、D:だったり、E:だったりします)。

保存されたものをメモ帳などで開くと、以下のようなことが書かれています。
(グレーのところに数字とアルファベットが書かれています)

ロックがかかってしまったら、ここに書かれている回復キーを入れれば通常の画面に進みます。
(回復キーは重複しないようにマイクロソフトが発効するので、他の人の回復キーを入れても回復しません。)

回復キーを印刷する

この場合は、あらかじめプリンタがつながってないとダメです。
回復キーを印刷する を選ぶと以下のような画面が表示されます。
プリンタを指定して 

印刷(P)を押すと、回復キーが印刷されます。

Microsoftアカウントに保存する

これを行う場合、ネットにつながった状態で、あらかじめMicrosoftアカウントに切り替えておく必要があります。

Microsoftアカウントに切り替える方法

Microsoftアカウントに切り替えたら、Microsoftアカウントに保存する をクリック

少し待ちます。

回復キーが保存されました と表示されたら終了です。


Microsoftアカウントからローカルアカウントに戻す方法

BitLockerの停止

BitLockerを使わない場合は以下のようにします。
少し時間がかかりますが、動作中でも別の作業をすることができます。
ただし、電源は落とせないので、1時間くらい時間が取れるときにやりましょう。

BitBlockerを無効にする をクリック

もう一度BitBlockerを無効にする をクリック

少し待ちます。(場合によっては数十分かかることもあるようです)

BitLockerが無効です と表示されたら、BitLockerが停止状態になってます。。