講義の予定
  講義曜日 : 金曜日
  講義時限 : 5・6時限 および 7・8時限
  講 義 室  : 223A(22号館3階)
 講義は、おおよそ次の予定で進めます。なお、クラスの状況によっては各週の予定を入れ替えることがあります。
 また、講義を遠隔から行う場合は、Web会議システム(Webex)を使って行います。
 Web会議システムへの参加手続きは、毎回の講義の前に電子メールで伝えます。


講義週 講義のテーマ 講義内容と時間外学習
  (09/24)  基礎技術−1  講義の内容 : ガイダンス、Webページへの発展と活用および基本解説
 時間外学習 : 各自のPCにWebページ作成ツールの組込みなどの環境整備を行っておく。
  (10/01)  基礎技術−2  講義の内容 : Webページを表現するためのプログラムの基本(HTML言語と使い方の基本)
 時間外学習 : Webページで表現する文章の作成を作成しておく。
  (10/08)  基礎技術−3  講義の内容 : Webページの設計(文章表現)
 時間外学習 : 各自が作成中のWebページの動作を完成する。
  (10/15)  基礎技術−4  講義の内容 : Webページのデザインを行う手法(スタイルシート:CSS)の学習
 授業外学習 : Webページのデザインを考えておく。
  (10/22)  基礎技術−5  講義の内容 : まとめ(サーバーへの登録と評価)
 時間外学習 : 作成した各Webページをサーバー上に掲載し、閲覧確認を行う。
  (10/29)  休 講  大学祭
  (11/05)  制作技術−1   講義の内容 : ページ間連携
 時間外学習 : 作成中のWebページ間のリンク制御を完成させる。
  (11/12)  制作技術−2   講義の内容 : 要素のデザイン(領域をもつ要素の表示位置を制御し、その部分を強調する。)
 時間外学習 : 作成中の各ページへの適用を考えておく。
  (11/19)  制作技術−3  講義の内容 : 画面分割の設計と実現
 授業外学習 : 画面分割の構想とデザインを考えておく。
  (11/26)  制作技術−4  講義の内容 : JavaScriptの活用
 授業外学習 : 新たな機能の組込みと確認。
 10(12/03)  制作技術−5  講義の内容 : まとめ(できばえの考察)
 授業外学習 : 作成したWebページをサーバー上に掲載し、閲覧確認を行う。
 11(12/10)  プログラミング1  講義の内容 : 言語JavaScriptのプログラムとしての基本構造
        および逐次(順次)制御を活用したプログラムを作成
 時間外学習 : 整備した環境の動作確認を行う。
 12(12/17)  プログラミング2  講義の内容 : 繰返し制御を取り入れたプログラムの作成
 時間外学習 : 授業中またはWebページで提示したテーマのプログラミングを行う。
 13(12/24)  プログラミング3  講義の内容 : 判断制御を取り入れたプログラムの作成
 時間外学習 : 授業中またはWebページで提示したテーマのプログラミングを行う。
 12/25-1/4  冬季休業  
 14(01/07)  プログラミング4  講義の内容 : データの集合体:配列(Array)の取り扱い
 時間外学習 : 授業中またはWebページで提示したテーマのプログラミングを行う。
 15(01/14)  プログラミング5  講義の内容 : まとめ(制作したプログラムをWebサイトに組み込む)
 授業外学習 : 課題の報告の提出締切日までに完成度を確認する。

授業の主旨
春学期に開講された「情報スキル入門」では、コンピュータの基礎的概念の習得から情報ネットワークの利便性とその利活用に対する注意点の学習を行った。さらにワードプロセッサによる文書編集、スプレッドシートの問題解決への活用、そしてこれらを基にしたプレゼンテーションの方法の学習を行った。
これらの基礎的なスキル獲得に続いて、この科目では、ICTの応用的な利活用について講義する。
具体的には、今日社会で最も利活用されているひとつであるWebページについて、情報の表現・伝達の仕組みの学習と実際に動作するWebページの制作を行う。
また、プログラミング的思考を理解し、論理的に考える力を養うために、簡単な言語を使ってプログラミングの概念の習得を行う。

具体的達成目標
Webページの制作実習を通して、社会で展開されている各種のWebページの仕組みを理解できる能力を習得する。
また、社会の重要なインフラとなっているインターネットとその上で展開されているWebページの諸問題を理解できるスキルを習得する。
具体的には、Webページを表現するための言語であるHTMLを使いこなし、さらにそのWebページをデザインするCSSを習得する。
さらに、制作したWebページをサーバーに実装し、各自のPCからアクセスし、できばえを考察する。
プログラミングの学習では、簡単な言語を使って
@ 逐次(順次)  A 繰り返し  B 判断
のコンピュータの三つの基本的な制御方式を体験し、プログラミングの考え方を習得する。

授業方法
授業では、総合情報センターのWebサーバーを使用する。
各週ともに、その日のテーマを解説し、演習問題を通して理解を促進する。
なお、毎回の授業内容は、この科目のWebページに掲載するので、事前に学習しておくことが望ましい。

成績の評価方法
授業への積極的な参加姿勢、小テストの成績、課題の完成度で評価する。
 1.レポート(50%)
 2.小テスト(20%)
 3.出席状況(20%)
 4.受講態度(10%)

成績の評価基準
課題の完成度、小テストの成績、出席状況と受講態度の合計点が60点以上を合格とする。

教科書
中部大学工学部共通教育科・情報スキル担当著
『情報スキル―情報基礎と応用 2020年度版』学術図書出版,\1900+税
ISBN/ISSN : 978-4-7806-0284-5



Copyright © Yasumi MIYAHARA. All Rights Reserved.