はじめに

ここでは工学部ロボット理工学科 長坂保典 教授の講義の内容を WWW ページとして公開しています。内容に関して間違い、誤字、脱字等を見つけた場合は any @ isc.chubu.ac.jp (注意 : @が全角文字になっているので半角文字に直して)宛に電子メールを送るか、 他の何らかの方法で直接連絡して下さい。

現在新しいページは Sphinx という技術を利用して作成しています。 これまでは XML と XSL, XSLT という技術を利用してページを作成してきました。 以下で XML という表示があるページは対応したブラウザでないと正しく表示することができません。 Microsoft Internet Explorer 6.0 以降、Mozilla Firefox 1.0.7 以降、Apple Safari 3.0 以降では表示できることを確認しています。 また予め HTML 形式に変換したページも公開しています。 ただしフォントの違いなどから、 XML 形式のページとは 表示のされ方が異なる部分があるので注意して下さい。 XML という表示がないページは古いブラウザでも表示できると思います。

新着ニュース

(2019.9) ロボットプログラミングIIのページを新たに公開しました。

(2018.5) デジタル電子回路の中間試験を 5 月 ** 日に実施する予定です。 範囲は 3 章までの内容、試験時間は 50 分程度、持ち込みは不可です。 3 章までの練習問題の解答を以下の科目欄のリンクから公開しているので、 復習の時に活用して下さい。

(2016.9) ロボットインテリジェンスのページを新たに公開しました。

(2016.4) デジタル電子回路のページを新たに公開しました。

過去に担当していた科目

他に公開している資料

自習用の教材

電子計算機工学I に関連した教材として、電子情報工学科の桐山清教授が開発した Z80CPU のエミュレータを御好意により提供して頂いており、公開しています。 この科目を履修している 学生で希望する人はダウンロードして使用することができます。エミュレータの実行に必要な ファイルをまとめて圧縮してありますので、ダウンロードしたら lzh 形式に対応した圧縮・解凍ソフトで解凍して使用してください。

Z80CPU のエミュレータ

情報処理工学で取り上げている、情報処理技術者試験で出題される仮想 CPU の COMET II と、 COMET II 用のアセンブリ言語 CASL II のシミュレータを、 東京理科大学の研究グループが開発してフリーウェアとして公開しています。 作者の指示する使用条件を満たせばダウンロードして使用することができます。

CASL II のシミュレータ